EATING SLEEPING WAITING AND FANTASIZING

アーセナル。プレミアリーグ。フットボール。に関係ありそうで、そうでもないこと。きょうも私はマイペーーース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
■これからコンビ■
★イングランドの夏のおわり★

U21欧州選手権は、ドイツがイングランドを下し優勝。

14_20090630213442.jpg

決勝戦のスコアは4-0と、大差がついてしまいました。

イングランドは、ここまでチームの中心で頑張ってきた、
ハート、アグボンラホール、キャンベルが累積警告で出場停止。
カードが出た時は選手も監督もかなり文句言ってましたけど、
事前の心配通り、コレがかなり痛かった、という感じでしょうか。

10_20090630210937.jpg

…ギブス、皆と仲良くやってる…?

キーパーの子は、「おそらく彼の人生に於いて一番のビッグマッチ」
なんて書かれていて、まさに心許ない感たっぷり。
こう言っちゃカワイソウだけど、ハート君だったら…というゴールばかり。
2点目なんてもーーー。守備陣、ガックリ来ちまいますわな。

18_20090630210941.jpg

あっちもこっちも知らないフリ~。

4点の内1点はFKですが、あとの3回は右、ドイツで言う左からやられてます。
だからギブスは悪くないのよ…と思えるハイライト

一方ピッチの反対側では、ジョンソンを左、ミルナーを右に率いて、
ウォルコットがセントラル・ストライカーとして頑張りました。

7_20090630210946.jpg

が、なんだかこちらも空回り気味?見ていてちょっと辛かった。。
孤軍奮闘、って言ったらひいき目で見過ぎなのかもしれないけど、
1人でドイツの赤いユニフォームに突っ込んで行ってる感じ。

ミルナーはミルナーなんだからもっと頑張れ!

16_20090630210949.jpg

なんて、観ていてイラっとしてみたり。


大会中ここまでも、ウォルコットがそこでやってみた事はあったようだけど、
この大事な一戦で、アグボンとキャンベルの出場停止で仕方なく。
務めないといけなかった役割、ちう感じがどうしてもしてしまいます。

5_20090630212012.jpg

新しいウォルコットが羽化する瞬間が見れるかも!
なんて思ったけど、そーそーうまくはイカンですよね。

ちなみに試合前、本人はこの役割についてこんな事を言ってました。

5_20090630211602.jpg

「僕は最終的にはストライカーになると思ってる。
ボスも、昨シーズンに怪我が無かったら、
FAカップやカーリングカップでの試合みたいに、
もっと前の方でプレーさせてただろうって言ってた。
でもピッチにいる以上は、どこででもやるよ。」

となると、どうしてもウォルコットのつけてる背番号14をつけていた、
あの人が思い浮かびます。この大会でも背中には14。

12_20090630211606.jpg

「背中にどんな番号があるかは大した問題じゃない。
イングランド代表のシャツを着れてればそれで幸せ。
実際アーセナルでは8番をつけたかったんだけど、
サミル・ナスリがつけるからって言われたんだ。
その時にはまだ彼が契約したことだって知らなかったんだよ!
だから14はどうかって言われて、『いいよ、それで』って言ったんだけど、
家に帰るまでアンリがつけてた番号だって気付かなかったんだ。
ただの番号ではあるけど、彼は偉大な選手。プレッシャーはある。でも大丈夫。」


さてと。
残念だった、試合後は。

11_20090630212216.jpg

「彼らはいいチーム。勝利に値していた。強いチームだとは分かっていたけど、
僕たちもここまでやってきたようにゲームを支配できるとも思っていた。
彼らはキーパーとディフェンスがとてもしっかりしていて、
チャンスを上手く掴むことが出来ていた。
この大会でプレーしたことは僕にとって素晴らしい経験になった。
2010年のワールドカップでもまた違った経験が出来ればいいと思ってる。
結果を得られなかった事は残念だったけど、自分たちを誇りに思っていい。
こういう事があった後は、強くなるんだ。
思い通りにはいかなかったけど、決勝に来れたことを誇りに思う。」


うんうん。
まだまだ、これからよ。
君たち、若いんだから。

優勝してたら、もっともっと、いい夏だったんでしょうけど。

6_20090630212414.jpg

17_20090630212434.jpg

15_20090630212431.jpg

9_20090630212422.jpg

13_20090630212427.jpg

ギブスもウォルコットもおつかれさま。

短いお休みだけど、ゆっくり休んで、
新シーズンが始まったら、育ったところを見せて下さい。

楽しみにしてます。



ってね。

いやしかし、まーほんと。

ウォルコットとギブスが居るってだけで、
全然好きじゃない“イングランド代表”を応援したい気持ちになるとは。

8_20090630212418.jpg

おそるべし。アーセナル幼稚園。



Comment
≪この記事へのコメント≫
子供の件と、samir君の件、ありがとうございました☆

アルシャビンの子供の方が小さいけど年上なんですね(^-^)それとも、ロビンの子供が大きいのか…。二人とも可愛いです☆

テオとギブスは去年のセスクの様にはならなかったですね。若い内に悔しい経験をした方が成長出来そうな気がしますが。とりあえず、新シーズンを楽しみにします☆
2009/06/30(火) 22:46:29 | URL | ベストル #[ 編集]
>ベストルさん、
いえいえ。
言われてみたら気になったので。

アルシャビンJrとロビンJr、なんとなく同級生で居て欲しかったです。
二人とも生意気に育つんだろうな~。

テオとギブスは残念でしたが、この悔しさをバネに頑張ってくれることを期待。

二人ともたしか次のU21もイケるはずですが、
その頃にはフル代表でレギュラー争いするくらいになっていて欲しいです。
2009/07/01(水) 22:24:34 | URL | ふにゃ #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
free counters
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。