FC2ブログ

EATING SLEEPING WAITING AND FANTASIZING

アーセナル。プレミアリーグ。フットボール。に関係ありそうで、そうでもないこと。きょうも私はマイペーーース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
■そのとき■
★カメラ、カメラ、カメラ★

いつぞやのアレがオフィシャルに登場。

gun_20090611010352.jpg

コレ、時計の広告だったんですね…全然気付きませんでした。。


さて。

シーズンが終わったということで、
BBCのQUOTESコーナーでも総集編やってたりしてましたね。
こちらは、Chants of the season。たのしいです。
バナー・オブ・ザ・シーズン、アナウンス・オブ・ザ・シーズン、なんてのも。

そして、いつも素敵な写真が沢山のguardian

ニュースのトップについてる写真とか、コラム用の写真とか、
あとは試合の写真も、見易くてキレイで好きです。

Newcastles-fire-sale-001.jpg

ちなみにコレは、さっきトップになっていた、
ニューカッスルのセール品紹介記事の写真。

で、今日見ていて面白かったのが、
「Tom Jenkinsが選ぶ今シーズンの19枚」というコーナー

guardianのカメラマンのTom Jenkinsという人が、
今シーズン、自分が撮った写真からお気に入りの19枚を選ぶ、というもの。
なんでキリの悪い19という数字なのかがちょっと気になりますが、
見てみたら、ああ!コレね!という写真がかなりありました。
今シーズンをまとめる、って感じでもありませんが、
撮影の時の様子などが語られていて、ほーーと思ったり。

では、気になる方は、どぞ。日にち順に並んでたので、そのままです。




・2008/9/13 Eastlands, Manchester
プレミアリーグ マンチェスターシティ対チェルシー

t10.jpg

世界で最もリッチな二つのクラブによるゲーム。
シティファン達はアラブの新オーナーへの支持を示そうと準備してやって来た。
かぶりものをした少年達が、ホームデビューを飾ろうとウォーミングアップ中の
ロビーニョなどの選手達を見つめる、このかわいらしい瞬間が気に入った。
キャンディーとアイスクリームが夏の光に照らされている。
目の前のフットボールの才能に心を奪われているような光景がいい。


2008/9/21 Stamford Bridge, London
プレミアリーグ チェルシー対マンチェスターユナイテッド


t4.jpg

今シーズン、連続無失点記録を作ったファン・デル・サールが、
突っ込んでくるチェルシーの選手の足元に飛び込み、その勇敢さを見せている。
こういう写真はタイミングが重要。
キーパーの足がグラウンドから離れ、彼がセーブしていると同時に、
ボールは対戦相手のスパイクにも触れている。
ファン・デル・サールはこの接触による怪我のため交代しなければならなかった。


2008/9/27 Goodison Park, Liverpool
プレミアリーグ エバートン対リバプール


t7.jpg

シーズン最初のリバプールダービーで、ケイヒルが惜しいチャンスを逃し、
エバートンファンが失望を見せている。
揃って上げられた手と頭のパターンが気に入っている。
ピッチの逆側から長いレンズを使って取った写真。
奥行きを凝縮させ、ファンと選手を近づける効果を生んでいる。


2008/10/29 Emirates Stadium, London
プレミアリーグ アーセナル対トテナム


t9.jpg

この頃、ブラジル人キーパーは多くのミスとクロスの処理を批判されていた。
エミレーツで4-4の引き分けという壮絶な試合でシルベストルにゴールを許した瞬間、
チームメイトのジェナスに完璧なパンチを浴びせ、彼の評判は見事に証明されている。


2008/11/1 White Hart Lane, London
プレミアリーグ トテナム対リバプール


t16.jpg

スパーズは無敗で首位を走っていたリバプールに、
ホームでの試合の大部分を支配されていた。
しかしレドナップが監督に就任してから運が向いてきたのか、
キャラガーが頭でオウンゴール、そしてロスタイムにパブリチェンコが決勝点を決める。
コンディションはひどいがこの写真にはとても満足している。
土砂降りの中で殆ど何も見えておらず、足は試合の間中水に浸かっていた。
ボールがポストの内側へと近付いていくその瞬間の選手達の表情が、
この写真を私にとって素晴らしいものにしてくれている。


2009/1/11 Old Trafford, Manchester
プレミアリーグ マンチェスターユナイテッド対チェルシー


t14.jpg

試合の結果とは全く何の関係も無い写真。
ただ冬の日暮れが作り出した色合いがとても気に入っている。
グラウンド内部の照明と空の明るさがマッチする時、いい写真を撮ることが出来る。
4時頃にキックオフの冬のゲームでよく起きる。おためしを。


2009/2/25 Stamford Bridge, London
チャンピオンズリーグ チェルシー対ユベントス


t6.jpg

コートジボワールのストライカーは、ぱっとしないシーズンを過ごしていた。
しかしヒディングの監督就任によって生き返り、ユベントス戦で調子を取り戻した。
彼はセレブレーションの際、決して気弱さを見せないが、
ゲームで唯一の得点だったゴールを決めてのこのリアクションからは、
彼の安堵が見てとれる。


2009/3/1Wembley Stadium, London
カーリングカップ決勝 マンチェスターユナイテッド対トテナム


t5.jpg

カーリングカップはPK戦にもつれこんだ。
ユナイテッドのフィールドプレイヤーは主力ではなく、
ベン・フォスターがファン・デルサールの代わりを務めていた。
これは彼が、自分は何が出来るのかを示した瞬間。
ここではオハラのシュートを見事にセーブしており、
彼はユナイテッドにカップをもたらした。私は移動していたが、
ラッキーなことにどのセーブでもそれなりの写真が撮れるポジションに移動していた。


2009/3/14 Old Trafford, Manchester
プレミアリーグ マンチェスターユナイテッド対リバプール


t15.jpg

ホームでリバプールに4-1と敗れたユナイテッド。
唯一のユナイテッドのゴールの瞬間を捉えたこの写真は日の目を見ることはなかった。
勿論この試合の話題はリバプールが勝利したことについてばかり。
だがそれでも私はロナウドがダイブするレイナの向こうへ、
PKをネットに叩き込んだ表情が分かるこの写真を気に入っている。
過去の経験から、ロナウドがPKをゴールの隅に蹴るのが好きだと分かっていたので、
レフリーがスポットを指した瞬間私はそこに移動し、すぐに自分が正しかったと分かった。


2009/4/5 Old Trafford, Manchester
プレミアリーグ マンチェスターユナイテッド対アストンビラ


t12.jpg

疑いなく、今シーズンのプレミアリーグのキーとなった瞬間。
この前日、リバプールはフルハムに最後の最後で勝利し首位に立っていた。
ユナイテッドはホームでビラにリードされており、残り時間は僅か。
多くのキープレイヤーが怪我や累積警告で出場出来ていなかった。
ロナウドが同点とした後、試合終了間際にイタリアから来た無名の17歳が、
見事なゴールを決めた。彼はすぐにオールドトラフォードのカルトヒーローになった。
ゴールを決めた彼の写真が撮れて本当にほっとした。
彼は次のコマで、ディフェンダーの陰に完全に隠れてしまっていたのだ。


2009/5/6  Stamford Bridge, London
チャピオンズリーグ準決勝 チェルシー対バルセロナ


t13.jpg

チェルシー、特にバラックが、ノルウェー人レフリーに怒りを爆発させた瞬間。
これは彼がチェルシーの4度目のPKのアピールを認めなかった直後で、
このすぐ後、バルセロナが試合を同点ゴールを決めている。
私は最後のホイッスルで何かが起こるのではと思い、
ハーフウェイラインそばに陣取るのがいいだろうと考えた。
その読みは当たり、次の日のヘッドラインを飾る事になった。


2009/5/11 St James' Park, Newcastle
プレミアリーグ ニューカッスル対ミドルズブラ


t1.jpg

ニューカッスルにとって重要なホームゲームだったミドルズブラ戦の直前。
この写真で気に入っているのは、背後の監督を守るセキュリティーの表情。
見ていると笑いがこみ上げてくる。
選手時代から自分の面倒はしっかり見てきたシアラーに、
どうして彼の半分のサイズしかないセキュリティーが必要なんだろう。


2009/5/13 JJB Stadium, Wigan
プレミアリーグ ウィガン対マンチェスターユナイテッド


t17.jpg

ユナイテッドは1-0とリードされ、後半にアルゼンチンのストライカーを投入する。
彼は間もなく同点ゴールを決め、チームは2-1で勝利を収めた。
昨シーズン、私はこのスタジアムの同じ場所で、
ギグスがタイトルを決めるゴールを祝うところを目の前で見ていた。
テベスはその時と同じく私のすぐそばまでやって来た。
ユナイテッドファンの大群が折り重なって彼らのヒーローに触れようと
私の上に乗っかってくる前に何とか3コマ撮影することが出来た。
自分の身をかばい、仕事道具を守らなければならなかった。
幸運にもファンが去った後、全て(私を含む)が正常に動いた。


2009/5/24 Villa Park, Birmingham
プレミアリーグ アストンビラ対ニューカッスル


t2.jpg

ニューカッスルのプレミアリーグからの降格が確定した直後に撮られた写真。
ファンは彼らの絶望的なチームよりもはるかにスピリットに溢れていた。
この日はいい写真が沢山撮れたが、これが私の一番のお気に入り。
これぞ真のファン。太った体。思う存分に歌い続ける姿。
THANK YOU。


2009/5/27 Stadio Olimpico, Rome, Italy
チャンピオンズリーグ決勝 バルセロナ対マンチェスターユナイテッド


t18.jpg

チャンピオンズリーグ決勝の後のウイニングラン、
リオネル・メッシが観客の中に家族や友達を見つけたところ。
彼は素晴らしいプレーを見せ、見事なゴールで試合を締めくくった。
メダルを頭にかけたこの瞬間、世界一のフットボーラーは、
まるで体育祭で獲ったメダルを自慢げに見せる少年のようだった。


2009/5/27 Stadio Olimpico, Rome, Italy
チャンピオンズリーグ決勝 バルセロナ対マンチェスターユナイテッド


t11.jpg

優勝チームがはしゃいでいる中、準優勝のメダルを待つ時ほど、
プロのフットボーラーにとって惨めな瞬間は無いだろう。
ファーガソンと選手達が失望しこの場を去りたくてたまらないことは明らかだ。
どこを見ればいいか分からず、お互いに言葉も交わさず、
それぞれの考えに沈んでいる彼らの姿が気に入っている。
私にとってこれは、捜し求めてきた落胆の写真だ。


2009/5/27 Stadio Olimpico, Rome, Italy
チャンピオンズリーグ決勝 バルセロナ対マンチェスターユナイテッド


t3.jpg

彼らが優勝すればお決まりなことをやるだろうとは分かっていた。
だがこれが見れるまでは長い年月のように感じられ、
私は写真を送る締め切りの時間を考えナーバスになっていた。
幸運にも私はグアルディオラが宙を待った瞬間にピッチに居ることが出来た。
違うアングルの方が良かったかもしれないが、
それでもこれは私にとって今年の最も素晴らしい瞬間の一つだ。


2009/5/30 Wembley Stadium
FAカップ決勝 チェルシー対エバートン


t8.jpg

ザ・カップの決勝の日はとても暑かった。
試合の終盤、ゲームが止まると選手達は、頭から水を浴びクールダウン。
リスタートして間もなく、弾んだボールと水、そして汗がプレイヤー達の頭上を飛び交う。
逆光のおかげであまり見られない画が撮れた。
エバートンのカルトヒーローの髪の毛から、
水が溢れているのを捉えるのにはいい瞬間だった。




以上。

トムさんたら。
ユナイテッドファンですね?

ま、プレミアも獲ってるしCLも決勝まで行きましたからね~。
(でも私がリバプールファンだったら怒ってると思う)

さて上に並べたのは18枚。残ってるのは、アーセナルが主役の1枚。
(シルベストルのは、主役、ゴメスでしょうから。)

コメントだけ見ても画が浮かぶ、あの1枚です。

・・・
レフリーが試合終了のホイッスルを吹いた瞬間、
ファン・ペルシーがライバルチームのホームでの試合で、
アーセナルを2-1の勝利に導いた自らの2ゴールを祝福している。
スタンフォードブリッジでは撮影のポジションは片方のサイドだけに限られている。
いい条件ではないが、ゲームの間中動く事が可能になる。
だからファン・ペルシーが勝利の瞬間を満喫するだろうと考えた私は、
彼を見るのにいいポジションに移動した。(この場合、ハーフラインのそばだった)







t19.jpg

ホイッスルが吹かれた瞬間、彼は私から顔を背けてしまったが、
ラッキーなことに、渋い顔をしたバラックが通り過ぎるその時、
彼は背を反らせてポーズを決めてくれた。

・・・

来シーズンも、いい瞬間がいっぱい見たい、と思ったという、ハナシでした。


あ。もういっこ、guardianにて。ちょっと笑えたクイズ。
タイトルは、Football quiz: Stans

ちょうどこの間、日本代表とイングランド代表の対戦相手のことで、
知り合いとこういう話をしていたので、気になったのです。

23_20090607091701.jpg

では、名前が、-スタンで終わる国に関するクイズから、おひとつ。

Q:FIFAに加盟している国で、国名が「-スタン」で終わる国はいくつ?

で。答えは、7つ
なんですが。

では、7つ、どうぞ!
アッサリ7つ言える方、尊敬します。

7_20080531013541.jpg

でも7つとも、聞いたことがあると思います。


大して答えが気にならないまま、終わります。


Comment
≪この記事へのコメント≫
カメラマンてすごいですね。
こんなに色んな事考えながら動いてるんですね。


>過去の経験から、ロナウドがPKをゴールの隅に蹴るのが好きだと分かっていたので、
レフリーがスポットを指した瞬間私はそこに移動し、すぐに自分が正しかったと分かった。

トムさん、ゴメスより良いキーパーになれるんじゃ・・・と思ってしまいました。。
2009/06/11(木) 05:27:24 | URL | phumi #[ 編集]
また、隠れておりました。いい写真ばかり。ニューカッスルのセール品、シティファン達、準優勝の惨めな瞬間、冬の日暮れ、どれもこれも朝からキュンときます。プレミアも終わりました、来期どうなっていますでしょう。来期もふにゃさんの感性、楽しみにしています。
2009/06/11(木) 08:43:20 | URL | 窓辺 #[ 編集]
7つ・・・7つ・・・7つ・・・

ウズベキスタン
キルギスタン
タジキスタン
トルクメニスタン
カザフスタン
アフガニスタン
パキスタン

パキスタン、アフガニスタンも
含めて良いんでしょうか?
2009/06/11(木) 17:22:49 | URL | Kazu #[ 編集]
すてきなお写真ですね。
guardian.co.uk ご紹介いただきありがとうございます。
(これから利用させていただくことになると思います。)
ありがとうございます。<(__)>
2009/06/11(木) 22:05:18 | URL | rose-m #[ 編集]
>phumiさん、
スポーツのカメラマンは、競技によってコツが色々ありそうですよね。
サッカーはスタジアムのことをよく知らないとダメでしょうね~。
撮るタイミングもそうだけど、場所のこととか、へええと思いました。

ゴメスの写真はお見事ですよね(笑)。

キーパーは、トムさんの動きを見てPKに備えればいいんじゃ…
2009/06/12(金) 01:54:18 | URL | ふにゃ #[ 編集]
>窓辺さん、
こんにちは。

どれもいいですよね。
さすが、いい写真を撮る人が選んだいい瞬間、です。
裏話を聞くと、また違った風にも見えてきて楽しいです。
どれもこれも瞬間に過ぎませんけど、
シーズン通して見てからだと、ドラマを感じますねえ。

来期は…どうなるんでしょうね。
こればかりは想像が出来ません。
じっくり振り返られるシーズンになることを願ってます!!
2009/06/12(金) 01:58:40 | URL | ふにゃ #[ 編集]
>Kazuさん、
すごい!正解です!!

地理とか得意なんですか?
首都名とか全部言えちゃうとか?

…それとも、7つ言えるのなんて、フツーなんでしょうか。。

キルギスタンはキルギス、でしょー!
と、答えを見て、負け犬の遠吠えでございます。

くやしいワン。
2009/06/12(金) 02:04:14 | URL | ふにゃ #[ 編集]
>rose-mさん、
いえいえ。

いや、写真は実際すてきですが。

こうしてリンクを貼るところについては、
お礼はわざわざして頂かなくても大丈夫ですよ。

ちゃんとした新聞系のニュースサイトは色々、
記事のつくりに特徴があって、面白いです。
見ている内に好みが固まってきて、そこばかり見るようになったりしますが。
2009/06/12(金) 02:21:47 | URL | ふにゃ #[ 編集]
どうしてもトルクメニスタンが出なくて、「スーダン」でごまかそうとしていました(^^;
2009/06/12(金) 14:51:16 | URL | MAY #[ 編集]
>MAYさん、
スーダンも頑張れば近いですね(笑)。

私も7つは無理でしたよ~。
スタン勢にはもうちょっとサッカー頑張ってもらわないと。
知名度のために!
2009/06/12(金) 15:50:41 | URL | ふにゃ #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
free counters
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。